異常者 大野晋吾
異常者 大野晋吾

大野はもともと、ウィキペディアにて星椎水精氏の誹謗中傷を行ってきた。が、2007年に「星椎水精氏の誹謗中傷記事が不当な記事である」という申し出が認められウィキペディアの記事が削除され、この記事を編集していた大野ことMikomaidは、この他にも問題行動を数々起こしていたため、2009年にウィキペディアを追放された。

 

大野晋吾は、その追放された腹いせに、2009年から今度はユアペディアで同じ記事を書き、星椎水精氏を批判し続けてきたということが判明した。

批判している内容(大川隆法との比較や擁護、さらに幸福の科学しか認知されていない架空の人物「大導師トス」の記述)から、大野晋吾は幸福の科学の信者であるとするのが自然な見方であり、幸福の科学の差し金であることは間違いない!

 

ふんどしにこだわって追放などという、一般人には理解不能な言動が、大野が精神異常者であることを物語っている。

さらに大野晋吾は、ここ数年の間、必ずといっていいほど長期休暇中にホテルに泊まり、それまで書き留めていた星椎水精氏の批判記事を、ユアペディアに書き込んでいる。

この異常なまでの執拗さや粘着性は、明らかに常軌を逸しており、いかに大野晋吾という人物が異常者であるかを証明している。

「大野晋吾」や「Mikomaid」と検索すれば、一般人にはありえないほど、膨大な数の大野批判の記事が出てくる。

裏を返せば、それほど多くの人間に迷惑をかけ、嫌われ恨まれていることを証明している。

 

このように、今まで星椎水精氏を偉そうに批判してきた大野晋吾という人物が、社会にまるで適合しない、重度の精神病患者であったという事実が判明した。

 

そして、そんな信者を使い、星椎水精氏を誹謗中傷させ続けてきた幸福の科学がどういったものか、透けて見えるというものである。

攻撃される前に、自分の方から攻撃するのが、幸福の科学の常套手段なのである。